音楽療法「びっくり箱の教室」
「音楽事業」と「福祉事業」のコラボレーションとして誕生した、より強く療法を意識した教室です。音楽療法を通じて、子どもたちの豊かな自己表現を育んでいます。
 
 
-教室からの声-
音楽療法「びっくり箱の教室」では、お子さんと音楽療法士の、”そのとき”の音楽での対話を大事にします。
様々な楽器を使って表現をし合ったり、時には、静かなハミングだけで教室の空間全体が満たされたり。
「ねばならない」が無い中で、一期一会の音楽の場が積み重ねられています。
音楽は人と人の間に垣根を作らないということを、コミュニケーションの力をどんどん伸ばしていくお子さんたちから学ばせていただいています。

音楽療法士 遠藤径子
 
PAGE TOP